士業の資格取得

社労士試験合格に必要な勉強時間の目安は800時間?効率的に勉強する方法とスケジュールの立て方

勉強時間 イメージ

社労士試験を目指して勉強を始めようとしている方は、実際にどれくらいの勉強時間が必要なのかの目安を持っておきましょう。

結論から申し上げますと、社労士試験のための勉強時間は、全部独学で行う場合800時間以上必要と言いわれています。

仮に1年間での勉強期間を設けるのであれば、1日平均2~3時間の勉強時間を確保して、コツコツ1年間続ける必要があります。

社労士試験を受ける方はすでに働いている方からの受験も多く、仕事をしながら勉強時間を確保し続けることも難しい場合もあるでしょう。

今回は、社労士試験に向けた勉強時間の目安と効率的に勉強を進めていく方法についてご説明します。

続きを読む

【5ヶ月で最短合格】社労士試験に独学で合格するためのスケジュールと短期集中勉強方法を解説

勉強 イメージ

社労士を目指している方は、年に1回の社労士試験に合格する必要がありますが、なかなか期間が取れないという方も多いかと思います。

通常は1年前からしっかり準備して試験に挑んだ方が良いのですが(独学ならなおさら)、お仕事の関係などでなかかな期間を取れない方に、5ヶ月の独学で社労士資格に合格できるのか?をご説明します。

結論を申し上げると、可能ではあるものの、期間が短くなる分効率的な勉強方法が必要になり、難易度も上がってくることは言うまでもありません。

今回は、5ヶ月の独学で社労士試験に挑戦するスケジュールや勉強方法をご説明します。ぜひ短い期間で集中して勉強を行い、合格に近づいて行ってください。

続きを読む

働きながら社労士を目指すことは可能?難易度や勉強量、合格に近づく秘訣を解説

働く人

働きながら社労士を目指している方は少なくありません。

社労士試験 当時の職業

参考:「社会保険労務士試験合格者等の推移|厚生労働省

厚生労働省の調査によると、2019年の社労士試験では約60%の人が会社員として働きながら社労士試験を合格していることが分かります。

その他の公務員や団体職員、自営業者なども含めると、全体の約80%程度は何かしらのお仕事をされながら社労士になっていることとなります。

つまり、働きながらでも十分に社労士は目指せるのです。

今回は、働きながら社労士を目指す方へ、社労士試験の難易度や必要資格、勉強方法などについてご説明します。

続きを読む