弁護士に特化した求人サイトおすすめ7選!ほかの転職方法との違いも紹介

弁護士_求人サイト

弁護士が転職を考えたとき、求人をどのように探すべきか疑問に感じるのではないでしょうか。弁護士業界は閉鎖的といわれますので、転職前に詳しい情報を入手しにくく、不安を抱えたまま転職活動を始める方もいるかもしれません。そんなときに役立つのが求人サイトです。

この記事では弁護士に特化した求人サイトを紹介するとともに、求人サイトとほかの転職方法との違い、使いわける方法などについて解説します。

続きを読む

未経験での社労士転職の難易度|未経験OKが見つけやすい転職先と求める人物像

未経験 イメージ

社労士になるためには実務経験は必須ではなく、未経験でも社労士試験に合格して資格を持っている方も多いです。また、社労士試験は30代以降で合格する方も多いので、【30代以降/未経験】という、一般的な転職市場では難易度が高くなる状況での転職になることもあり得るでしょう。

今回は、未経験で社労士に転職される方に、社労士の転職先や未経験ならではの注意点などについてご説明します。

続きを読む

社労士が大手企業や事務所へ転職するには|大手企業・大手社労士事務所の特徴と転職時の注意点

社労士でも企業や社労士事務所などに属して勤務社労士として働く方は多くいます。一般職での転職でも福利厚生や安定を求めて大手への転職を考える方が多いですが、社労士も同じく大手への転職を考えている方が多いのではないでしょうか。

ただし、社労士の場合、大手への転職と言えば以下の2パターンに分かれます。

  • 大手企業で社労士として働く
  • 大手社労士事務所で働く

今回は、社労士の大手企業と社労士事務所への転職のメリット・デメリットと、大手への転職を成功させるポイントについてご説明します。

続きを読む

【短期集中】5ヶ月の独学で社労士試験へ合格するためのスケジュールや勉強方法を解説

勉強 イメージ

社労士を目指している方は、年に1回の社労士試験に合格する必要がありますが、なかなか期間が取れないという方も多いかと思います。

通常は1年前からしっかり準備して試験に挑んだ方が良いのですが(独学ならなおさら)、お仕事の関係などでなかかな期間を取れない方に、5ヶ月の独学で社労士資格に合格できるのか?をご説明します。

結論を申し上げると、可能ではあるものの、期間が短くなる分効率的な勉強方法が必要になり、難易度も上がってくることは言うまでもありません。

今回は、5ヶ月の独学で社労士試験に挑戦するスケジュールや勉強方法をご説明します。ぜひ短い期間で集中して勉強を行い、合格に近づいて行ってください。

続きを読む

働きながら社労士を目指すことは可能?難易度や勉強量、合格に近づく秘訣を解説

働く人

働きながら社労士を目指している方は少なくありません。

社労士試験 当時の職業

参考:「社会保険労務士試験合格者等の推移|厚生労働省

厚生労働省の調査によると、2019年の社労士試験では約60%の人が会社員として働きながら社労士試験を合格していることが分かります。

その他の公務員や団体職員、自営業者なども含めると、全体の約80%程度は何かしらのお仕事をされながら社労士になっていることとなります。

つまり、働きながらでも十分に社労士は目指せるのです。

今回は、働きながら社労士を目指す方へ、社労士試験の難易度や必要資格、勉強方法などについてご説明します。

続きを読む

30代社労士の転職事情|30代の転職で気を付けるポイントや未経験からの挑戦についても解説

転職 イメージ

30代は働くにあたって一番気力・体力に溢れている年代だと言えます。社労士の方でもキャリアアップのために30代で転職する方も多いですし、30代で初めて社労士資格を目指して試験に挑戦することも遅くはありません。

今回は、30代の社労士の転職事情について、主な転職先や注意点、転職を有利に進める方法などをご説明します。

続きを読む

社会保険労務士の仕事内容とは?独占業務や報酬額の相場・社労士の選び方も解説!

社労士_仕事

社労士という職業をご存知ですか。名前は聞いたことがあるけれど、あまり詳しく知らないという人も多いと思います。

社労士というのは略語で、正しくは「社会保険労務士」と言います。名前から何となくわかるように、社会保険や労務に関する仕事をしています。

企業が人を雇い入れるときに必要な規則を作成したり、社会保険や労働保険の加入手続き、助成金のアドバイスなどさまざまな仕事を担っています。

今回は、社会保険労務士の業務内容についてご紹介します。

続きを読む

内部監査の仕事内容とは|外部監査との違いや就任に資格は必要なのか?

内部監査_仕事内容

企業に所属したことがある人ならば「内部監査」という言葉は聞いたことがある方も多いかと思います。

しかし、具体的な内容やなぜ監査が必要なのか、監査のルールなどについて理解している方は、実際に内部監査に携わる方以外は少ないのではないでしょうか。

今回の記事では外部監査との違いについてや、内部監査担当者になるにはどうすれば良いか、資格は必要なのかなどを説明します。

 

続きを読む

現役社員が証券会社への就職が難しいのウソホントを検証!就職成功のポイントも解説

証券会社_就職_難しい

初めまして。大学生2年生です。大学では税理士が専攻です。まだ2年生ですが、早めに就職活動を始めたいです。今は野村證券さんと大和証券さんを希望にしているんですが、やっぱり入るのは難しいでしょうか?証券外務員2種・1種があれば、結構評価されるんでしょうか?それとも税理士の中のひとつの科目を取得した方がいいでしょうか?質問多くて申し訳ないです。ご返答よろしくお願いいたします。

引用元:教えて!goo

 

就職先や転職先として、証券会社を希望している人の中にも、やはり金融機関なので入社するのは難しいのではと感じている人もいると思います。

しかし、対面証券大手であっても証券外務員一種を事前に取得しておくとか、金融機関で働くための専門知識のようなものを身につけておくことで「入社したい」という意思が伝わり、就職活動では大きなリードを得ることができるのもたしかです。

今回は、証券会社に就職を希望している方向けに、証券会社就職成功のヒントをお届けしたいと思います。

続きを読む

司法書士と行政書士の違い|業務内容・資格試験・年収で徹底比較

司法書士と行政書士の違い

社会系国家資格の中でも人気がありかつ難易度も高いとされている司法書士と行政書士。ドラマで取り上げられていたり、新聞や電車の広告で見かけることも多いですから、何度かは目についたこともあるでしょう。

しかし、この2つの資格の違いや特色について、具体的に説明できる人はあまりいません。これらの試験の受験者ですら説明できないでしょう。

今回は、2つの資格について、業務内容・試験内容・年収の3方面からスポットをあて分析してみたいと思います。

続きを読む