司法書士と行政書士の違い|業務内容・資格試験・年収で徹底比較

司法書士と行政書士の違い

社会系国家資格の中でも人気がありかつ難易度も高いとされている司法書士と行政書士。ドラマで取り上げられていたり、新聞や電車の広告で見かけることも多いですから、何度かは目についたこともあるでしょう。

しかし、この2つの資格の違いや特色について、具体的に説明できる人はあまりいません。これらの試験の受験者ですら説明できないでしょう。

今回は、2つの資格について、業務内容・試験内容・年収の3方面からスポットをあて分析してみたいと思います。

続きを読む

税理士事務所・会計事務所の転職に失敗しない為の事務所選びで見極るポイント

税理士事務所_転職

税理士事務所ではさまざまなタイプのクライアントを受け持つことから、多様な経験を積むことができます。税理士として活躍するための足掛かりとなり、独立や大手企業への転職などキャリアの幅も広げられるでしょう。

一方で、残業の多さや人間関係で悩む人が少なくないなど、ネガティブな情報を耳にすることも多々あります。転職活動にあたっては「ブラック事務所を避けたい」「働きやすい事務所を探したい」と感じるのではないでしょうか。

そこでこの記事では税理士事務所への転職を考えている方へ向けて、業界の特徴や優良事務所を見極めるポイント、転職に適した時期を中心に解説します。

続きを読む

税理士事務所の仕事内容|全体の流れや職種別・月別の業務をチェック!

税理士事務所

税理士事務所への転職を考えている方の中でも、具体的な仕事内容まではわからないという方が多いのではないでしょうか。

とくに税理士事務所とかかわる機会がない方は「税金の相談をする仕事」「税金に関する事務をする仕事」くらいのイメージしかないかもしれません。

税理士事務所の仕事は確かに多くの事務手続をともなうものですが、一般的にイメージされる事務作業とは大きく異なるといえるでしょう。

税理士事務所への転職を希望する方は事前に仕事内容を知り、イメージとのギャップをなくすことが大切です。この記事では税理士事務所の仕事内容を紹介します。

続きを読む

弁護士から転職したい!主な転職理由と弁護士におすすめの転職先・転職成功のコツ

弁護士から転職

医師・公認会計士と並ぶ3大難関資格と言われる弁護士。平均年収も高く、世間的ステータスもありますが、入所した法律事務所が想像していたものと異なる場合もあるようです。

弁護士が転職をしたくなる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、最近では法律事務所以外で働くという選択肢もあります。今回は、弁護士から転職したい理由や弁護士におすすめの転職先、転職を成功させる方法を紹介します。

続きを読む

司法書士の平均年収は650万円|弁護士・税理士・行政書士など他士業との年収比較

司法書士_年収

司法書士の年収は650万円といわれています。

都市部か地方部によってバラつきはあるものの、この金額は一つの目安といっていいでしょう。

この650万円という数字は果たして合格率4%という高い壁を乗り越えなければならない程の価値があるものなのでしょうか

先に他士業との平均年収を比較してみると・・・

司法書士 行政書士 社会保険労務士 弁護士
平均年収 650万円 300万円 650~700万円 765万円
合格率 3%前後 10%前後 9% 30%(※)

(※)の弁護士は、法科大学院を卒業した場合の合格率です。一見、合格率が高く簡単に見えますが、法科大学院に入るなど、受験資格を得るまでのハードルが高く、実際の合格率は司法書士と同様といわれています。

年収の高さ=合格率の低さではないことがご理解頂けたでしょうか。これだけ見れば、確かに「難易度が優しく、稼げる資格」ではありません。世の中そうはうまくいきませんね。

もっと、楽に・稼げる資格はないのでしょうか?

今回は、他士業との現状や、司法書士の今後の将来性も含め多角的に分析してみました。

司法書士の年収がいくらぐらいなのか、丸裸にしてみたいと思います!

続きを読む

現役司法書士が教えるリアルな仕事内容8つと司法書士ができることと今後の見通し

司法書士_仕事内容

司法書士という資格は、一度は聞いたことがあるかもしれません。

しかし、様々な国家資格、例えば、弁護士や行政書士など似たような名前の資格が多数あります。司法書士の仕事内容を説明できる人はあまりいません。

そこで、今回は司法書士の仕事内容と、今後の展望について述べていきたいと思います

司法書士の資格を取るべきか迷っている方や、司法書士に相談すべきか迷っている方の道標になれば幸いです。

続きを読む

経理職への転職は未経験だと難しい?経験が浅くても転職を成功させるコツを紹介

経理_転職

転職市場では「経理職への転職は難しい」という意見と「経理職への転職は簡単」という意見の両方を聞くことがあります。「一体どちらが正しいの?」と思う方もいるでしょう。これは、経理職への転職難易度は本人の経験やスキルレベルによって大きく異なるからです。

基本的に経理職への転職は次の2パターンに分かれます。

  1. 未経験者や経理経験が浅いケースでは転職が難しい
  2. 経理経験が3年以上あるケースでは転職しやすい

経験があれば転職しやすく、経験がなければ転職しにくいのは当たり前では?」と感じるかもしれませんが、経理職ではその傾向が顕著なのです。

では、経験値が低く転職が難しい場合にはどうすればよいのでしょうか。この記事では、経理職への転職を成功させる方法を解説します。ご自身に経理職への適性があるのかも知っておきましょう。

続きを読む

経理事務の仕事内容とは?未経験可能?必須スキルややりがい・平均年収も徹底解説

経理事務とは

ほとんどの企業に存在する「経理事務」という仕事。「お金を扱う人」「取引先への請求業務を担当する人」などざっくりとしたイメージはあっても、具体的な仕事内容までは知らない方が多いかもしれません。

漠然としたイメージだけで経理事務へ転職しても「こんなはずではなかった」となりかねませんので、基本的な業務や特徴を知っておきましょう。

今回は「経理事務の仕事が気になるけど、どんな職業なのかよく分からない」という方に向けて、仕事内容や求められる知識・スキル、魅力や大変なところなどを紹介します。経理事務の年収目安や、年収を上げるために知っておきたいポイントもあわせて確認しましょう。

続きを読む

監査法人に就職するには!就活は短期決戦・志望動機と自己PRは入念に用意しよう

監査法人_就職

公認会計士を目指す人や公認会計士資格を持つ人のほとんどは、上場企業などの監査を行う監査法人への就職を目指すことになると思います。

公認会計士資格を無事取得できても就活に失敗するようなことがあればもったいないですよね。

監査法人の就活状況はどうなっているのでしょうか。就活のスケジュールや志望動機・自己PRの考え方、面接で気をつけるべきことなどを紹介します。

続きを読む

公認会計士に就職するには|4大監査法人への就職も見据えた資格取得と就活戦略

公認会計士_就職

公認会計士といえば、医師・弁護士に並ぶ3大難関資格で会計のスペシャリストです。資格さえ取ることができれば将来は約束されているイメージではあります。

多くの公認会計士が働く監査法人は、4大監査法人が有名ですが、これらの監査法人に就職することは難しいのでしょうか。

また、それ以外にも就職の選択肢はあるのでしょうか。

 

続きを読む