人事職の転職に強いおすすめエージェント5選!賢い選び方と転職成功のコツ

この記事のURLとタイトルをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
人事_転職エージェント

働き方改革やコロナウイルスなどの影響で、社内体制の改革が必要になり、新たに採用活動を行う企業も存在します。こういった背景からも、会社の「人」に関する様々な仕事を行う【人事職】は、需要があると言えます。

しかし「人事として、どこでも良いから転職したい」と思う人は、少数派でしょう。

それぞれの志を叶えられるような職場で、更にステップアップをしたいと考えることが多いのではないでしょうか。

その為には、転職エージェントを利用すると良いと言えます。本記事では、転職エージェントを選ぶポイントや利用方法をはじめ、人事の転職で使いたいおすすめエージェントについても詳しく解説いたします。

人事の転職に強い転職エージェントを選ぶ3つのポイントと比較すべき箇所

人事の転職を成功させる為には、エージェントを利用すると良いと言えます。

例えば、下記のようなことが期待できるからです。

  1. 面接依頼や日程調整などを代わりに行ってくれる
  2. 応募者に合ったアドバイスをしてくれる
  3. 面接者が直接質問しにくい「残業」や「福利厚生」などについて、応募先に確認してくれる

また転職エージェントを選ぶ際にも、ポイントがあります。

ポイント①担当者の質が良いこと

担当者の質は、転職の成功に影響があると言えます。もちろん応募者が何も努力せずにいて、転職エージェントの担当者のせいにするのは、また別の話です。

しかし、応募者が努力をしていても、応募先企業と応募者の間に入る「転職エージェントの担当者」の質が良くないと、下記のような事態になることがあります。

  • 希望に合う求人を紹介してもらえない
  • 応募先への連絡を怠っていたので、他応募者に先を越されてしまった
  • 応募者の魅力を先方に伝えきれない

このようなことにならない為にも、下記をポイントにしながら、質の良い担当者か否かを判断しましょう。

  1. 連絡がスムーズ
  2. こちらの意図をくみ取り、希望にそった求人を紹介してくれる
  3. 言葉遣いが丁寧
  4. 話をした時に、嫌な気持ちにならない

ポイント②転職実績が豊富であること

出来たばかりの転職エージェントであっても、応募者の希望によりそい、満足度の高いサービスを提供できる会社もあります

しかし、出来たばかりで実績が少ない場合には、利用者の声を知ることができません。その為にも、転職実績が豊富な転職エージェントを選び、過去の利用者の声をチェックしてみると良いでしょう。

もちろん、全ての人に支持される転職エージェントは無いので、良い声・悪い声があると思いますが、転職成功で使えるエージェントは、利用者からの良い声が多いことも事実です。

ポイント③人事業界に特化している

エージェントには、ある特定の職種を扱っている「特化型」と、様々な職種を扱っている「総合型」があります。

もし「転職するなら人事も良いし、営業事務も良いし…」などと考えている場合には、まずは様々な職種を扱う『doda』や『マイナビエージェント』などの「総合型の転職エージェント」を選ぶのが良いでしょう。

しかし「人事として転職を成功させたい!」と、人事業界での仕事に関わりたいと決まっている場合には、人事業界に特化した「特化型」のエージェントも選ぶと良いと言えます。

理由は下記の通りです。

  1. 人事業界に詳しい担当者ばかりなので、より深い悩みや希望を理解してもらえる
  2. 人事に関する求人案件が豊富

人事の転職で、エージェントを賢く使う方法とは?

人事の転職を成功させる為に、エージェントを利用することをオススメしますが、ただ単に利用するだけではなく、より賢く利用する方法をご紹介します。

気になるエージェントに複数登録する

一口に「人事に詳しいエージェント」と言っても、各エージェントにより個性があります。その個性が、自分に合うか否かは、いくつかのエージェントを比べてみないと分からないと言えます。

また同じ会社だとしても、エージェントA社に掲載されている募集要項と、エージェントB社に掲載されている募集要項が異なっている時もあります。

このような理由から、気になるエージェントがあった場合には、複数登録することをオススメします。応募者に対して利用料金はかからないので、いくつ登録しても無料です。

面接対策サービスなどを利用する

転職エージェントでは、模擬面接のようなことを行ってくれる、いわゆる「面接対策サービス」を実施していることが多いです。

自分では気づかないような弱点や、それに対する改善方法を教えてくれることもあります。また、各企業の特徴などを捉えたうえで、実際の面接さながらのことを行ってくれます。

給与交渉などの自分では難しいことをお願いする

転職理由の1つに、給与額アップを期待する人もいるでしょう。例えば、応募先の仕事内容は良いと思うものの、給与額が今までと変わらないので悩むというケースがあったとします。

この場合、自ら応募先に「給与の金額交渉」をするのは勇気がいることですし、失敗する可能性もあります。転職エージェント経由で応募すると、こういった自分では難しいことを、代わりに担当者が行ってくれます。

エージェントの担当者は、このようなことには慣れているプロなので、先方の気持ちをうまく読み取りながら、上手に交渉してくれます。

人事の転職でおすすめのエージェント5選

それでは、人事の転職でおすすめのエージェントを5つご紹介します。

MS-Japan|管理部門の転職ならココ

MS-japan

経理や人事などのいわゆる「管理部門」と、税理士や会計士などの「仕業」に特化した転職エージェントです。管理部門・仕業の特化型エージェントの中で、転職決定率No.1を誇ります。

セミナーや個別相談会も実施しているので、転職時の悩みや知識の取入れ等でも使えます。

MS-japanの評判

JACリクルートメント

JACリクルートメント

未経験というよりは、ある程度経験があり、さらに上の転職を目指したい人向けのエージェントです。特に外資系企業の求人が多い印象なので、人事としてグローバルな働き方をしたい人に良いと言えるでしょう。

2020年6月時点で、転職実績者数累計は約43万人と、多くの実績を誇ります。

Twitter上でJACリクルートメントの評判

doda

doda

人事に限らず、様々な職種を扱う総合型のエージェントです。転職エージェントの利用を考えたことがある人なら、たいていの人は知っていると言えるくらいの大手エージェントです。

大手なので扱う案件は非常に多く、人事案件も豊富に取り扱っているので、たくさんの案件から選びたい人に向いています。

各種セミナーの開催や、あなたのスキル・経験に興味を持った企業からオファーがある「スカウトサービス」もあります。書類添削を行ってくれるなど、初めての転職者にも優しいエージェントです。

dodaの評判

https://twitter.com/yametai_ne19/status/1276543594090778624

https://twitter.com/saaanon/status/1276120390884941824

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートが運営している転職エージェントです。様々な転職事情を熟知しているリクルートだからこそ、実績も多く、安心して利用できると言えます。

もちろん人事案件も豊富に扱っており、業界に詳しい経験豊富なアドバイザーが一人ひとりに合わせたサポートを行ってくれます。

リクルートエージェントの評判

https://twitter.com/amamiya_couple/status/1275986079968047106

https://twitter.com/amamiya_couple/status/1275986079968047106

日経キャリアNET

日経(日本経済新聞)の読者へのアプローチが可能な転職エージェントです。大手企業や外資系企業の求人も豊富で、人事としてキャリアアップしたい人は、登録した方が良いと言えます。

また経験豊富なコンサルタントが、1人1人の可能性に応じてサポートしてくれるので、人事経験が少なくて転職をどうしようかと考えている人も、登録してみる価値はあると言えるでしょう。

日経キャリアNETの評判

人事職の方が転職を成功させる3つのポイント

人事の転職を成功させる為に、エージェントを使うのはもちろんですが、自分自身でも成功率を上げることができます。

下記ポイントを参考にしましょう。

ヒューマンスキルを養う

人事は社内の「人」に対する様々な仕事を行います。例えば採用活動や人材教育なども行いますし、時には他部署でこじれた人間関係の間に入り、仲裁を行うこともあります。

これらは全て人間関係が関わりますし、高いヒューマンスキルが求められると言えます。このことから、人に興味を持ったり、社内のメンバーに対して自ら歩み寄る努力をするなど、普段からヒューマンスキルを養うようにすると良いでしょう。

「社労士」や「キャリアコンサルタント」などの資格を取る

人事は勤怠管理や給与計算などの労務的な仕事も行います。こういった仕事を極めた資格として挙げられるのは、社労士です。

また人事は、社員の悩みによりそい、改善する為のサポートなどを行います。これらを極めた資格として、キャリアコンサルタントという資格が挙げられます。

このような資格を取得することにより、人事として転職する際に、アピールすることができます。

社労士試験合格に必要な勉強時間の目安は800時間?効率的に勉強する方法とスケジュールの立て方

守秘義務を徹底できることをアピールする

人事として働いていると、社員の給与情報や、上層部だけが知っている仕事内容などの「守秘義務」に触れる期間が多くあります。

その為、なんでも簡単に周囲にしゃべってしまうような人は、人事には向いていないと言えます。逆に口が堅く、守秘義務を徹底できる性格の人は、多いにアピールすると良いでしょう。

まとめ

本記事では、転職エージェントを選ぶポイントや利用方法をはじめ、人事の転職で使いたいおすすめエージェントについて解説いたしました。

転職エージェントは、どれだけサービスを利用しても応募者は無料なので、使えるサービスはとことん使うと良いと言えます。

また転職エージェントを利用すると、書類応募や日程調整などを変わりにやってもらえるので、その分「面接対策」などにじっくりと時間を使うことができます。

このことから人事の転職を成功させたい人は、自分に合ったエージェントを使い、効率よく活動すると良いと言えます。少しでも気になるエージェントがあった場合には、登録からはじめてみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
     

FOLLOW UP CONTENTS

国内最大級の企業法務メディア|trientms-japan