社労士資格で活躍できる転職先とは|面接アピール方法と転職成功の秘訣

この記事のURLとタイトルをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

社労士資格は国家資格でもあるため、転職市場でも大きくアピールすることができます。特に、人事や労務、総務などの部署では、社労士に必要とされる労働や社会保険に関する法律の知識が活躍できるので、資格を有効に使うことができるでしょう。

今回は、社労士資格を持っている方が転職を上手くいかせるためのおすすめ転職先と、転職時に社労士資格をアピールするポイントについてご説明します。

すでに社労士資格をお持ちの方は、苦労して取った資格を十二分にアピールできるヒントにしてください。これから社労士資格を目指そうとしている方は、社労士資格を取るメリット感じていただき、実際に試験に挑戦するかどうかの判断材料にしてみてください。

社労士資格取得におすすめの講座

▶︎STUDYing(スタディング)

【短期合格者の勉強法】動画講義、テキスト、過去問集、答練・模試まで全ての対策がスマートフォンひとつで完結します。忙しい方でも、いつでも、どこでも、スキマ時間で効率的に学習が可能です。

公式サイト:https://studying.jp/sharoushi/

 

▶︎資格合格のクレアール

クレアールが誇る、社会保険労務士の試験に精通した二人の講師が、資格合格までの正しい勉強方法であなたを合格までご案内。社労士試験一発合格、最小の労力で合格するための、独自の合格法を確立している。

公式サイト:https://www.crear-ac.co.jp/

 

▶︎社会保険労務士通信講座『フォーサイト』

試験不合格なら全額返金する補償制度を取り入れた資格試験講座の大手。社労士試験合格率が平均『10%未満』と非常に低くなっているのに対し、フォーサイトは23.7%という非常に高い合格率が魅力。

公式サイト:https://www.foresight.jp/

社労士資格が転職で活かせる主な職種や職場

早速ですが、社労士資格を転職市場で活かせる職場や部署をご紹介します。社労士資格があることで企業への転職がしやすくなることももちろんですが、士業事務所や社内社労士としての選択肢も広がります。

それぞれの特徴と併せてご覧ください。

社労士資格がある方が転職におすすめの職種・部署

まず、企業内で一般の職種として働く場合、社労士資格が活かせる部署は主に『人事課』『労務課』『総務課』などがあります。

これらの部署での仕事は、名称は違えど一定規模以上の会社であれば必ずある仕事内容ですので、社労士資格があることで転職しやすさも上がります。また、今まで挑戦が難しかった有名企業や未経験の業界への挑戦もしやすくなるでしょう。

それぞれの働き方と共に、社労士資格がどの部分で転職に役立つのかもご説明します。

人事課

人事は従業員に関する手続き等を行う仕事です。採用から入退社手続き、給与計算や人材教育の実施・サポートなどを行います。社労士資格がある場合、入退社手続きや給与計算については知識も持ち合わせているので、現場でも必ず役に立つ知識です。

労務課

部署として独立しておらず上の人事課と一緒になっていることも多いのですが、労務の仕事では、給与計算、社会保険料の手続き、入退社手続き、就業規則などの作成を行っていきます。

人事課よりもさらに社労士業務に近い内容で、資格があることで非常に重宝される部署・仕事内容です。

総務課

総務課では、書類作成や管理、備品や施設の管理など、いわゆる事務の仕事を行います。人事労務課がない場合には、総務課が給与計算や上記の手続きを行うこともあり、バックオフィス業務全般を担うこともあります。

会社規模によっては、社労士資格がある人に責任や権限が与えられ、会社を裏から支えるリーダーになることもあります。

社労士事務所や他士業事務所への転職

社労士資格があることで、士業事務所で働くという選択肢も広がってきます。特に社労士業務は独占業務もあるため、他の士業で獲得した案件でも社労士にしかできない業務は担当してもらう場合があります(税理士事務所などが多いです)。

もちろん社労士事務所に転職する方法もあり、今後の独立開業や社労士としての実務経験を積んでいく場にもなるでしょう。

社内社労士としての転職

社労士資格があることで、企業内で勤務社労士として働く方法もあります。実際に行う業務は上記の労務の仕事と大きな違いはありませんが、有資格者ということで高い責任・権限や肩書きが与えられることもあり得るでしょう。

結果的に給与アップやスキルアップに繋がりますし、自分自身で従業員が働きやすいような環境を整えられる喜び・楽しみもあります。

資格ではなく実務経験を重視する企業も多い

ここまで資格を活かした転職先をご紹介しましたが、前提として覚えていて欲しいことが、これらの業務はほとんどが経験がある即戦力を求めている傾向が強いということです。

また、実際に社労士資格を取られた方には、30歳を超えてから取ったという方も多いでしょう。30歳を超えた転職では、なおさら経験者と即戦力が求められやすくなります。

確かに社労士資格があることは大きなプラスですが、それだけではなく過去の経験や入社後の仕事のイメージもはっきりさせて、すぐに順応できる転職先選びを行っていきましょう。

転職市場で社労士資格をアピールするポイント

人事労務の仕事は会社に必要不可欠であるため、人さえ足りていなければいつでも求人が出てくる状態です。

資格の存在が何よりのアピールですが、就職面接でより効果的にアピールするポイントについてこちらの項目でご紹介します。

社労士試験に合格した根気強さと目的達成能力

社労士試験は難易度も高く、合格のためには多大な勉強時間が必要になります。目標達成のために計画を立てて、日々コツコツと実践し続けた根気強さは人一倍あります。

このような根気強さややり遂げる能力は、転職の場面でも十分なアピールポイントになるでしょう。

労働や社会保険に関する法律の高い知識

社労士の資格を有するのですから、労働や社会保険に関する法律の知識は非常に高いものがあります。この知識だけでも上記でお伝えした仕事場で活躍しやすい土台ができています。

実務経験が乏しくても、これらの知識で入社後もすぐに対応できる柔軟性をアピールできれば、経験不足を補える場合があります。

社労士にかかわる実務経験

さらに実務経験もあるのであれば、即戦力として引く手あまたであなた自身が転職先を選べる立場にもなってくるでしょう。より望みの高い労働条件やキャリア実現のために転職先にはとことんこだわってください。

資格だけのアピールはNG

会社側は「入社後にどのように貢献してくれるか」を一番に考えています。確かに社労士資格があることで転職市場でも有利になりますが、資格は二の次で、「資格を活かして社内でどのような活躍ができるのか?」という観点で考えてみると良いでしょう。

結果的に会社側からも求められるような回答・考え方を伝えることができるでしょう。

社労士の有資格者を求める求人が多い転職エージェント

転職をより成功させるためには転職エージェントの利用をおすすめしています。

社労士に関する求人は、あまり表に出てこないこともあり、転職サイトだけでは不十分なケースもあります。転職エージェントを利用することで、社労士資格が十分に活かせる求人を紹介してもらったり、会社側と条件交渉を行ってもらうこともできます。

以下の転職エージェントは、得に社労士資格との関係性があるエージェントですので、ぜひ利用を検討してみてください。

MS-AGENT

MS-japan

公式サイト:https://www.jmsc.co.jp/

社労士限定の転職サイト・エージェントで有名なサービスはないのですが、このように管理部門や士業に特化した転職エージェントはいくつか見当たります。

一般的な転職エージェントよりも給与も良い企業が多いですし、社労士を求めている求人も見つかりやすいです。

SAMUEAI JOB

公式サイト:https://www.samuraijob.com/

社労士資格をキャリアアップに役立てるためには、ハイクラス向けの転職エージェントを利用してみても良いです。転職エージェントの登録・利用は無料でできますので、属性の違うサービスをいくつか登録して担当者に相談してみることをおすすめします。

一般企業を取り扱う転職エージェント

これ以外にも、一般的によく知られる「マイナビ」や「doda」などの転職エージェントにも1~2つは登録しておくこともおすすめします。上記の専門分野に絞った転職エージェントよりも圧倒的に求人が多く、好条件な求人も見つけやすい部分がポイントです。

転職エージェントを利用することで、こちらの経験や資格、求める条件などを伝えることで担当のアドバイザーが求人を提案してくれますので、転職サイトで自分で求人を探すよりも探しやすさが大違いです。

まとめ

社労士の資格があれば、人事労務などのバックオフィスで必要な知識は十分に証明できます。転職市場でも効果的にアピールすることができるでしょう。

ただし、資格は二の次で、この資格を活かしてどのように会社に貢献できるか?仕事をできるのか?を採用担当者に分かってもらうことが第一です。

転職エージェントを上手く活用し、アドバイザーとも相談を重ねながら、納得できる形でより良い転職・キャリアアップを目指していってください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
     

FOLLOW UP CONTENTS

国内最大級の企業法務メディア|trientms-japan