経理職への転職は未経験だと難しい?経験が浅くても転職を成功させるコツを紹介

経理_転職

転職市場では「経理職への転職は難しい」という意見と「経理職への転職は簡単」という意見の両方を聞くことがあります。「一体どちらが正しいの?」と思う方もいるでしょう。これは、経理職への転職難易度は本人の経験やスキルレベルによって大きく異なるからです。

基本的に経理職への転職は次の2パターンに分かれます。

  1. 未経験者や経理経験が浅いケースでは転職が難しい
  2. 経理経験が3年以上あるケースでは転職しやすい

経験があれば転職しやすく、経験がなければ転職しにくいのは当たり前では?」と感じるかもしれませんが、経理職ではその傾向が顕著なのです。

では、経験値が低く転職が難しい場合にはどうすればよいのでしょうか。この記事では、経理職への転職を成功させる方法を解説します。ご自身に経理職への適性があるのかも知っておきましょう。

続きを読む

経理事務の仕事内容とは?未経験可能?必須スキルややりがい・平均年収も徹底解説

経理事務とは

ほとんどの企業に存在する「経理事務」という仕事。「お金を扱う人」「取引先への請求業務を担当する人」などざっくりとしたイメージはあっても、具体的な仕事内容までは知らない方が多いかもしれません。

漠然としたイメージだけで経理事務へ転職しても「こんなはずではなかった」となりかねませんので、基本的な業務や特徴を知っておきましょう。

今回は「経理事務の仕事が気になるけど、どんな職業なのかよく分からない」という方に向けて、仕事内容や求められる知識・スキル、魅力や大変なところなどを紹介します。経理事務の年収目安や、年収を上げるために知っておきたいポイントもあわせて確認しましょう。

続きを読む

監査法人に就職するには!就活は短期決戦・志望動機と自己PRは入念に用意しよう

監査法人_就職

公認会計士を目指す人や公認会計士資格を持つ人のほとんどは、上場企業などの監査を行う監査法人への就職を目指すことになると思います。

公認会計士資格を無事取得できても就活に失敗するようなことがあればもったいないですよね。

監査法人の就活状況はどうなっているのでしょうか。就活のスケジュールや志望動機・自己PRの考え方、面接で気をつけるべきことなどを紹介します。

続きを読む

公認会計士の転職に強い転職エージェントおすすめ8選|失敗しない選び方と会計士の転職成功ポイント

ジャスネットキャリア

企業を経営面から支える経理職は専門性が高い職種です。それだけに経験やスキルを思う存分発揮でき、かつしっかりと評価してくれる企業へ転職したいと感じるのではないでしょうか。

満足度の高い転職のためには、転職エージェントを利用するのがひとつの有効な方法です。ただし転職エージェントといっても各社の特徴が異なるため、経理の転職に強い転職エージェントを選び、使いこなす必要があります。

この記事では経理の転職と転職エージェントをテーマに、次の疑問を解決します。

  1. そもそも経理の転職に転職エージェントは必要なのか?
  2. 転職エージェントは何を基準に選ぶべきか?
  3. 経理の転職に強い転職エージェントは?
  4. 転職エージェントを使いこなすコツは?

経理職への転職を検討中の方はぜひ参考にしてください。

 

続きを読む

インハウスローヤー(企業内弁護士)とは|法律事務所との業務・働き方の違いと年収差も解説

弁護士の働き方が多様化して、弁護士事務所で働くだけが全てではなくなっています。最近では働き方やワークライフバランス、キャリアアップを目指してインハウスローヤー(組織内弁護士)という道を選ぶ弁護士も増えているようです。

日本弁護士連合会が発表した『企業内弁護士を多く抱える企業上位20社(2001年~2019年)』によると、2019年に企業内弁護士を雇う企業数は1,139社、採用人数は2,418人となっていました。

2019年(6月)
順位 企業名 人数
1 ヤフー 34
2 野村證券 25
3 三井住友銀行 24
3 三菱商事 24
5 LINE 23
6 KDDI 19
6 丸紅 19
6 三井物産 19
9 アマゾンジャパン 18
9 パナソニック 18
9 三菱UFJ銀行 18
12 三菱UFJ信託銀行 17
13 三井住友信託銀行 16
14 双日 15
15 NTTドコモ 14
15 住友電気工業 14
15 第一生命保険 14
15 豊田通商 14
15 みずほ証券 14
20 アクセンチュアほか2社 13

1位はヤフーの34人で2位の野村證券以降の水準と比べるとずば抜けて多いです。ランクインしている企業は金融系・商社・情報通信などの大手企業が名を連ねています。
参照:日本弁護士連合会|企業内弁護士を多く抱える企業上位20社(2001年~2019年)

また、日本弁護士連合会の企業組織内弁護士数の現状推移によると、全国の企業内弁護士数は、2018年6月30日現在で2,161人、任期付公務員数は2018年6月1日 現在で207人となっています。なお、任期付公務員数は、2018年6月1日時点で弁護士登録をしている者に ついて計上しています。

企業内弁護士の数は2008年には266人しかいなかったのに対して、2018年には2,161人と約8倍に増えました。また、中央省庁等や地方公共団体において、任期付きで採用された職員任期付公務員についても2008年の61人から2018年は207人と約3倍に増えています。

このようにインハウスローヤーはこの数年間で急増していることが分かりました。現在はすべての上場企業がインハウスローヤーを雇っているわけではなく、今後日本の上場企業がそれぞれ1名採用しただけで約3,500人となります。将来的には、インハウスローヤーの総数が 5,000人を超えることもありえるかもしれません。
参照:日本弁護士連合会|企業組織内弁護士数の現状推移

 

今回の記事では、そんなインハウスローヤーとはどのような役割を担うのか、インハウスローヤーに転職する際の知識などを紹介します。

続きを読む

弁護士がインハウスローヤーに転職するには|企業内弁護士の転職事情と転職成功のコツ

弁護士_転職_インハウス

弁護士がインハウスローヤーに転職するためにはどうすれば良いの?

企業などで一社員として働くインハウスローヤー(組織内弁護士)の数が年々増えているようですが、一度法律事務所を経験した後にインハウスローヤーを目指す方もいらっしゃると思います。

なぜ弁護士事務所勤務よりもインハウスローヤーを選ぶのでしょうか。

弁護士がインハウスローヤーへ転職する理由や、報酬はどうなるかなどを紹介します。

続きを読む