弁護士がインハウスローヤーに転職するには|企業内弁護士の転職事情と転職成功のコツ

弁護士_転職_インハウス

弁護士がインハウスローヤーに転職するためにはどうすれば良いの?

企業などで一社員として働くインハウスローヤー(組織内弁護士)の数が年々増えているようですが、一度法律事務所を経験した後にインハウスローヤーを目指す方もいらっしゃると思います。

なぜ弁護士事務所勤務よりもインハウスローヤーを選ぶのでしょうか。

弁護士がインハウスローヤーへ転職する理由や、報酬はどうなるかなどを紹介します。

続きを読む

【2020年最新版】弁護士の平均年収は765万円という現実|正確な年収中央値と年収を上げる方法

弁護士の平均年収総額は「1,200万円」前後が相場と言われており、月給換算にすると「75万円」前後とされますが、厚生労働省の『平成30年賃金構造基本統計調査』の調べによると、弁護士の年収は約765万円だと推察されます。

職種全区分 年齢 勤続年数 現金給与額【千円】 年間賞与等【千円】 年収換算
弁護士 36 7.3 538.6 1194.1 7657.3

弁護士の働き方は少々特殊で、法律事務所に勤務していても実質的には個人事業主であること多いため、取り扱う事件の金額によって、1案件事の『成功報酬金』も違ってきます。

もし個人の弁護士で「案件を大量に受注した場合は年収にダイレクトに反映されます」ので、年収が1,000万円を超える可能性は十分にあるでしょう。

【無料】弁護士向け年収診断サービス
外部サイトへ遷移します。
 

続きを読む