働く人

働きながら社労士を目指している方は少なくありません。

社労士試験 当時の職業

参考:「社会保険労務士試験合格者等の推移|厚生労働省

厚生労働省の調査によると、2019年の社労士試験では約60%の人が会社員として働きながら社労士試験を合格していることが分かります。

その他の公務員や団体職員、自営業者なども含めると、全体の約80%程度は何かしらのお仕事をされながら社労士になっていることとなります。

つまり、働きながらでも十分に社労士は目指せるのです。

今回は、働きながら社労士を目指す方へ、社労士試験の難易度や必要資格、勉強方法などについてご説明します。

続きを読む