社労士試験

資格スクエアの社労士講座の特徴と評判を徹底解説|社労士試験合格に受講するメリットは?

資格スクエア

資格スクエアは、資格合格に直結しない大きな校舎や広告宣伝費を大幅にカットし、本当に必要なテキスト・問題演習・講義・サポート体制にのみ力を入れて講座料金を最小限に抑えつつ質の高い学習を提供します。

独自の学習メソッドとIT技術を掛け合わせることで新しいスタイルの教育サービスを提供することに成功しました。本記事では、資格スクエアの社労士(社会保険労務士)の講座の特徴と評判について解説します。

社労士といえば、人事や労務、年金問題など企業の「人」に関する法律を専門的に扱うエキスパートです。国家資格の1つであり、社会保険や雇用保険の相談・労務に関する指導・各種助成金の申請などさまざまな面から企業と従業員をサポートします。

社労士がいることで、企業はコンプライアンスの遵守しつつ、企業イメージの低下防止を図れるため、やりがいのある仕事です。

他の資格講座とも比較しつつ、資格スクエア社労士講座のメリット・デメリットについて知ってください。社労士を目指す人にとって有益な情報をまとめたので、ぜひご一読ください。

続きを読む

社労士試験対策に強いおすすめ予備校・通信講座7つを比較|価格と特徴、口コミ・評判をまとめて検証

社労士 予備校 おすすめ

社労士試験は非常に難関で、通信講座を含む予備校を利用している方が多くいます。特に初めて社労士試験を受ける方は、まず何をどう学んでいけば良いのか?からスタートしますね。

そこで受験指導を行てくれる予備校探しをする方も多いのですが、社労士試験に対応した予備校だけでもかなりの数があります。

今回は、全国どこからでも受講が可能な通信制の講座も利用できる社労士試験のおすすめ予備校を7つご紹介します。

こちらでご紹介する予備校はあくまでも一般的におすすめな予備校です。さらに突き詰めていけば、ご自身の学習状況や試験までの残り期間などでもおすすめ内容は変わってきます。

しっかり内容を確認して、より詳しく調べてみる社労士講座をいくつかに絞っていただければと思います。

続きを読む

クレアールの社労士講座コースの特徴と価格を解説!合格率や他講座との違い、口コミ・評判も徹底解説

クレアール 社労士

資格受験指導歴50年以上を誇る『クレアール』では、社労士試験に向けた資格講座も開講されています。

『非常識合格法』や『Vラーニングシステム』など、独自の学習方法にも取り組んでおり、他の講座では見られないような方法で合格を目指していきます。

今回は、クレアールの社労士講座がどのようなものなのか?その特徴やプラン内容、価格、実際に受講された方の口コミ・や評判などをご紹介していきたいと思います。

クレアールの社労士講座を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

スタディング(STUDYing)の社労士講座で合格できる?講座の特徴や価格・評判と口コミも一挙解説!

スタディング 社労士講座

『資格取得に向けてスマホで勉強できる』このようなコンセプトで、様々な資格取得のためのオンライン講座を開講している『スタディング』。

士業分野の講座も多く提供しており、その中にも社労士講座も含まれます。

今回は、スタディングの社労士講座について、他の通信講座などと比べた場合の違いや特徴、詳しいプラン内容、実際にスタディングを使っている方の口コミ・評判などをご紹介していきたいと思います。

スタディングの社労士講座が気になっている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

公式サイト:https://studying.jp/sharoushi/

続きを読む

社労士講座がある資格スクール大栄の評判や口コミは?講座の特徴や料金・利用時の注意点まで

スクール イメージ

『資格スクール大栄』は、数多くの資格取得に向けた学習ができる講座です。

今回は、社労士の資格取得に向けた場合の資格スクール大栄の特徴やおすすめポイント、実際の利用者の口コミについてご説明します。

  • 資格スクール大栄で実際、資格試験の合格者はどのくらいいるのか?
  • スクールに通った際の費用間は?
  • 勉強時間はどのくらいかかるのか?
  • 資格スクール大栄に通えばどの程度合格率が上がるのか? など

詳しく解説していきます。

【公式】資格取得なら大栄

 

続きを読む

社労士の資格講座フォーサイトとは?評判やサービス内容プラン・口コミも徹底解説

社労士資格の取得に向けて通信講座を検討している方は、『フォーサイト』について聞いたことがある方も多いでしょう。

公式サイトからも資料請求で詳しい情報が知ることができますが、まずは本記事でもフォーサイトの基本的な特徴や魅力、料金プラン、実際に使ってみた人の口コミなどをいくつかご紹介します。

これから始められる社労士試験に向けた勉強のための通信講座選びにお役立てください。

 

続きを読む

社労士資格で活躍できる転職先とは|面接アピール方法と転職成功の秘訣

社労士資格は国家資格でもあるため、転職市場でも大きくアピールすることができます。特に、人事や労務、総務などの部署では、社労士に必要とされる労働や社会保険に関する法律の知識が活躍できるので、資格を有効に使うことができるでしょう。

今回は、社労士資格を持っている方が転職を上手くいかせるためのおすすめ転職先と、転職時に社労士資格をアピールするポイントについてご説明します。

すでに社労士資格をお持ちの方は、苦労して取った資格を十二分にアピールできるヒントにしてください。これから社労士資格を目指そうとしている方は、社労士資格を取るメリット感じていただき、実際に試験に挑戦するかどうかの判断材料にしてみてください。

続きを読む

社労士資格を取るために必要な費用は?学習に必要な費用目安、受験料、合格後にかかる費用まで

これから社労士資格の取得を目指される方は、合計でいくらくらいの費用がかかるのか気になるところですね。

試験勉強に必要な費用の目安
  • 独学  :~5万円
  • 通信講座:~10万円
  • 予備校 :20万円程度
試験を受けるために必要な費用
  • 9,000円+交通費等
合格後の登録・入会にかかる費用
  • 20~30万円

先にまとめると、社労士資格を取得するためには、それぞれ上記の費用がかかってくることになります。特に合格後の全社労・社労士会への登録・入会には高額な費用がかかりますね。

今回の記事では、社労士資格を取るためにかかる費用についてそれぞれの項目ごとに詳しくご説明します。

人によってはかかる費用・かからない費用もありますので、ご自身の状況に当てはめて、払う必要がない費用についてはしっかり抑えておけるようにしましょう。

続きを読む

社労士資格の活かし方|資格を活かした働き方や転職でのアピールポイント

社労士資格を取得された方は、何かしらの目的を持って取得されたことでしょう。社労士資格は士業の国家資格で、独占業務もできるようになるので働く上での様々なシーンや転職市場で活かすことができます。

今回は、社労士資格を持っている方へ、働く上での資格の活かし方についてご説明します。

また、これから社労士資格を目指すという方は社労士試験の合格率は非常に低くて難しいので、まずは試験合格からしっかり目指してほしいのですが、将来的な方向性として参考にしていただければと思います。

続きを読む

社労士試験合格に必要な勉強時間の目安は800時間?効率的に勉強する方法とスケジュールの立て方

勉強時間 イメージ

社労士試験を目指して勉強を始めようとしている方は、実際にどれくらいの勉強時間が必要なのかの目安を持っておきましょう。

結論から申し上げますと、社労士試験のための勉強時間は、全部独学で行う場合800時間以上必要と言いわれています。

仮に1年間での勉強期間を設けるのであれば、1日平均2~3時間の勉強時間を確保して、コツコツ1年間続ける必要があります。

社労士試験を受ける方はすでに働いている方からの受験も多く、仕事をしながら勉強時間を確保し続けることも難しい場合もあるでしょう。

今回は、社労士試験に向けた勉強時間の目安と効率的に勉強を進めていく方法についてご説明します。

続きを読む