管理部門の転職

社外取締役になるには|就任方法や手段・必要なスキルと経歴を詳しく解説

社外取締役になるには

2019年12月に、上場企業等に社外取締役の設置を義務付けるという改正会社法が可決され、成立しました。

東京証券取引所の調査によると、2019年の段階ですでに東証上場企業の97.7%が社外取締役を設置していましたが、義務化を受けたことで今後さらに社外取締役のニーズが高まると予想します。

社外取締役55を選任している会社は、東証上場会社のうち97.7%で、前回調査の95.8%から更に増加した(図表 75)。独立社外取締役を選任している会社は、93.6%であり、こちらも前回調査の88.8%から増えている(図表 76 )。コードの原則4-8で求められる2名以上の独立社外取締役を選任している会社は71.8%であり、こちらも前回調査の60.4%から増えている。また、3名以上の独立社外取締役56を選任している会社も、前回調査の26.7%から35.9%に増加している。

これらの背景としては、取締役のダイバーシティを確保し取締役会における議論を充実させていくため、多様な社外取締役の選任を進める会社が増えていることや、また、近年、社外取締役比率3分の1以上を求める機関投資家の声が以前よりも増してきており、そうした声も踏まえ、独立社外取締役の増員を行った会社が増加したためと考えられる。

参考:株式会社東京証券取引所|コーポレートガバナンス白書2019

 

社外取締役にはどのような人がなれるのでしょうか。有利になる資格やなりかたなど紹介します。

 

続きを読む

【徹底比較】総務の転職におすすめの転職エージェント5選|選び方と転職成功のコツ

総務は給与管理や行事運営などから、備品管理・採用業務など、多岐に渡って仕事を行います。

一見地味にも見えますが、会社の縁の下の力持ちでもあり、何でも屋のようなポジションであるので、様々なスキルが求められます。

総務の転職を希望する人は、総務経験が豊富な場合もあれば、未経験からの挑戦もあるでしょう。

経験豊富な方が有利だと思うかもしれませんが、転職エージェントを上手に利用して、未経験から受かった人も多く存在します。

本記事では、総務の転職でエージェントを選ぶポイントや利用方法をはじめ、おすすめエージェントについても詳しく解説いたします。

続きを読む

人事職の転職に強い転職エージェントおすすめ5社を徹底比較|賢い選び方と転職成功のコツ

人事_転職エージェント

働き方改革やコロナウイルスなどの影響で、社内体制の改革が必要になり、新たに採用活動を行う企業も存在します。こういった背景からも、会社の「人」に関する様々な仕事を行う【人事職】は、需要があると言えます。

しかし「人事として、どこでも良いから転職したい」と思う人は、少数派でしょう。

それぞれの志を叶えられるような職場で、更にステップアップをしたいと考えることが多いのではないでしょうか。

その為には、転職エージェントを利用すると良いと言えます。本記事では、転職エージェントを選ぶポイントや利用方法をはじめ、人事の転職で使いたいおすすめエージェントについても詳しく解説いたします。

 

続きを読む

内部監査の仕事内容とは|外部監査との違いや就任に資格は必要なのか?

内部監査_仕事内容

企業に所属したことがある人ならば「内部監査」という言葉は聞いたことがある方も多いかと思います。

しかし、具体的な内容やなぜ監査が必要なのか、監査のルールなどについて理解している方は、実際に内部監査に携わる方以外は少ないのではないでしょうか。

今回の記事では外部監査との違いについてや、内部監査担当者になるにはどうすれば良いか、資格は必要なのかなどを説明します。

 

続きを読む