社労士資格を取るために必要な費用は?学習に必要な費用目安、受験料、合格後にかかる費用まで

これから社労士資格の取得を目指される方は、合計でいくらくらいの費用がかかるのか気になるところですね。

試験勉強に必要な費用の目安
  • 独学  :~5万円
  • 通信講座:~10万円
  • 予備校 :20万円程度
試験を受けるために必要な費用
  • 9,000円+交通費等
合格後の登録・入会にかかる費用
  • 20~30万円

先にまとめると、社労士資格を取得するためには、それぞれ上記の費用がかかってくることになります。特に合格後の全社労・社労士会への登録・入会には高額な費用がかかりますね。

今回の記事では、社労士資格を取るためにかかる費用についてそれぞれの項目ごとに詳しくご説明します。

人によってはかかる費用・かからない費用もありますので、ご自身の状況に当てはめて、払う必要がない費用についてはしっかり抑えておけるようにしましょう。

続きを読む

社労士資格の活かし方|資格を活かした働き方や転職でのアピールポイント

社労士資格を取得された方は、何かしらの目的を持って取得されたことでしょう。社労士資格は士業の国家資格で、独占業務もできるようになるので働く上での様々なシーンや転職市場で活かすことができます。

今回は、社労士資格を持っている方へ、働く上での資格の活かし方についてご説明します。

また、これから社労士資格を目指すという方は社労士試験の合格率は非常に低くて難しいので、まずは試験合格からしっかり目指してほしいのですが、将来的な方向性として参考にしていただければと思います。

続きを読む

人事職の転職に強いおすすめエージェント5選!賢い選び方と転職成功のコツ

人事_転職エージェント

働き方改革やコロナウイルスなどの影響で、社内体制の改革が必要になり、新たに採用活動を行う企業も存在します。こういった背景からも、会社の「人」に関する様々な仕事を行う【人事職】は、需要があると言えます。

しかし「人事として、どこでも良いから転職したい」と思う人は、少数派でしょう。

それぞれの志を叶えられるような職場で、更にステップアップをしたいと考えることが多いのではないでしょうか。

その為には、転職エージェントを利用すると良いと言えます。本記事では、転職エージェントを選ぶポイントや利用方法をはじめ、人事の転職で使いたいおすすめエージェントについても詳しく解説いたします。

続きを読む

社労士試験合格に必要な勉強時間の目安は800時間?効率的に勉強する方法とスケジュールの立て方

勉強時間 イメージ

社労士試験を目指して勉強を始めようとしている方は、実際にどれくらいの勉強時間が必要なのかの目安を持っておきましょう。

結論から申し上げますと、社労士試験のための勉強時間は、全部独学で行う場合800時間以上必要と言いわれています。

仮に1年間での勉強期間を設けるのであれば、1日平均2~3時間の勉強時間を確保して、コツコツ1年間続ける必要があります。

社労士試験を受ける方はすでに働いている方からの受験も多く、仕事をしながら勉強時間を確保し続けることも難しい場合もあるでしょう。

今回は、社労士試験に向けた勉強時間の目安と効率的に勉強を進めていく方法についてご説明します。

続きを読む

税理士になるには?難関資格の取得・勉強方法・税理士になる具体的な手順

税理士_なるには

税理士の仕事内容は、個人や企業を相手に税金に関する様々な問題をサポートすることです。

会社経営とは利益追求と同義ですが、売り上げを上げた際は必ず税金問題がついて回ります。金額が大きくなれば、税理士の力を必要とするシーンは必然的に多くなるといえます。

税理士資格を持っていると、税理士事務所で働くことはもちろんですが、会計事務所や税務署などで働く際にも有利です

また、将来的に自分のお店や会社を持ちたい人も、持っていて損は無い資格だと言えます。

しかし、税理士になることは簡単ではありません。

後述しますが、令和元年(第69回)の税理士試験結果によれば合格率は18.1%です。

続きを読む

弁護士に特化した求人サイトの賢い選び方と使い方|弁護士求人サイトおすすめ7選も

弁護士_求人サイト

弁護士が転職を考えたとき、求人をどのように探すべきか疑問に感じるのではないでしょうか。弁護士業界は閉鎖的といわれますので、転職前に詳しい情報を入手しにくく、不安を抱えたまま転職活動を始める方もいるかもしれません。そんなときに役立つのが求人サイトです。

この記事では弁護士に特化した求人サイトを紹介するとともに、求人サイトとほかの転職方法との違い、使いわける方法などについて解説します。

続きを読む

未経験での社労士転職の難易度|未経験OKが見つけやすい転職先と求める人物像

未経験 イメージ

社労士になるためには実務経験は必須ではなく、未経験でも社労士試験に合格して資格を持っている方も多いです。また、社労士試験は30代以降で合格する方も多いので、【30代以降/未経験】という、一般的な転職市場では難易度が高くなる状況での転職になることもあり得るでしょう。

今回は、未経験で社労士に転職される方に、社労士の転職先や未経験ならではの注意点などについてご説明します。

続きを読む

社労士が大手企業や事務所へ転職するには|大手企業・大手社労士事務所の特徴と転職時の注意点

社労士でも企業や社労士事務所などに属して勤務社労士として働く方は多くいます。一般職での転職でも福利厚生や安定を求めて大手への転職を考える方が多いですが、社労士も同じく大手への転職を考えている方が多いのではないでしょうか。

ただし、社労士の場合、大手への転職と言えば以下の2パターンに分かれます。

  • 大手企業で社労士として働く
  • 大手社労士事務所で働く

今回は、社労士の大手企業と社労士事務所への転職のメリット・デメリットと、大手への転職を成功させるポイントについてご説明します。

続きを読む

【短期集中】5ヶ月の独学で社労士試験へ合格するためのスケジュールや勉強方法を解説

勉強 イメージ

社労士を目指している方は、年に1回の社労士試験に合格する必要がありますが、なかなか期間が取れないという方も多いかと思います。

通常は1年前からしっかり準備して試験に挑んだ方が良いのですが(独学ならなおさら)、お仕事の関係などでなかかな期間を取れない方に、5ヶ月の独学で社労士資格に合格できるのか?をご説明します。

結論を申し上げると、可能ではあるものの、期間が短くなる分効率的な勉強方法が必要になり、難易度も上がってくることは言うまでもありません。

今回は、5ヶ月の独学で社労士試験に挑戦するスケジュールや勉強方法をご説明します。ぜひ短い期間で集中して勉強を行い、合格に近づいて行ってください。

続きを読む

働きながら社労士を目指すことは可能?難易度や勉強量、合格に近づく秘訣を解説

働く人

働きながら社労士を目指している方は少なくありません。

社労士試験 当時の職業

参考:「社会保険労務士試験合格者等の推移|厚生労働省

厚生労働省の調査によると、2019年の社労士試験では約60%の人が会社員として働きながら社労士試験を合格していることが分かります。

その他の公務員や団体職員、自営業者なども含めると、全体の約80%程度は何かしらのお仕事をされながら社労士になっていることとなります。

つまり、働きながらでも十分に社労士は目指せるのです。

今回は、働きながら社労士を目指す方へ、社労士試験の難易度や必要資格、勉強方法などについてご説明します。

続きを読む