税理士の転職

税理士になるには?難関資格の取得・勉強方法・税理士になる具体的な手順

税理士_なるには

税理士の仕事内容は、個人や企業を相手に税金に関する様々な問題をサポートすることです。

会社経営とは利益追求と同義ですが、売り上げを上げた際は必ず税金問題がついて回ります。金額が大きくなれば、税理士の力を必要とするシーンは必然的に多くなるといえます。

税理士資格を持っていると、税理士事務所で働くことはもちろんですが、会計事務所や税務署などで働く際にも有利です

また、将来的に自分のお店や会社を持ちたい人も、持っていて損は無い資格だと言えます。

しかし、税理士になることは簡単ではありません。

後述しますが、令和元年(第69回)の税理士試験結果によれば合格率は18.1%です。

続きを読む

税理士事務所・会計事務所の転職に失敗しない為の事務所選びで見極るポイント

税理士事務所_転職

税理士事務所ではさまざまなタイプのクライアントを受け持つことから、多様な経験を積むことができます。税理士として活躍するための足掛かりとなり、独立や大手企業への転職などキャリアの幅も広げられるでしょう。

一方で、残業の多さや人間関係で悩む人が少なくないなど、ネガティブな情報を耳にすることも多々あります。転職活動にあたっては「ブラック事務所を避けたい」「働きやすい事務所を探したい」と感じるのではないでしょうか。

そこでこの記事では税理士事務所への転職を考えている方へ向けて、業界の特徴や優良事務所を見極めるポイント、転職に適した時期を中心に解説します。

続きを読む

税理士事務所の仕事内容|全体の流れや職種別・月別の業務をチェック!

税理士事務所

税理士事務所への転職を考えている方の中でも、具体的な仕事内容まではわからないという方が多いのではないでしょうか。

とくに税理士事務所とかかわる機会がない方は「税金の相談をする仕事」「税金に関する事務をする仕事」くらいのイメージしかないかもしれません。

税理士事務所の仕事は確かに多くの事務手続をともなうものですが、一般的にイメージされる事務作業とは大きく異なるといえるでしょう。

税理士事務所への転職を希望する方は事前に仕事内容を知り、イメージとのギャップをなくすことが大切です。この記事では税理士事務所の仕事内容を紹介します。

続きを読む