経理職・会計士の転職に強いおすすめの転職エージェント8選|失敗しない選び方と活用のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ジャスネットキャリア

企業を経営面から支える経理職は専門性が高い職種です。それだけに経験やスキルを思う存分発揮でき、かつしっかりと評価してくれる企業へ転職したいと感じるのではないでしょうか。

満足度の高い転職のためには、転職エージェントを利用するのがひとつの有効な方法です。ただし転職エージェントといっても各社の特徴が異なるため、経理の転職に強い転職エージェントを選び、使いこなす必要があります。

この記事では経理の転職と転職エージェントをテーマに、次の疑問を解決します。

  1. そもそも経理の転職に転職エージェントは必要なのか?
  2. 転職エージェントは何を基準に選ぶべきか?
  3. 経理の転職に強い転職エージェントは?
  4. 転職エージェントを使いこなすコツは?

経理職への転職を検討中の方はぜひ参考にしてください。

経理職・会計士の転職に特化した転職エージェント3選

専門特化型転職エージェントは、何といっても特定分野の求人に強いという特徴があります。経理系に特化したエージェントでは扱う求人が経理、財務、会計などが中心となるため希望の求人が見つかりやすいしょう。コンサルタントから専門的な知見を活かしたアドバイスも受けられます。

MS-Japan|士業管理部門の上場人材会社

MS-Japan

「MS-Japan」は経理・財務などの管理部門および士業に特化した転職エージェントです。各職種に対する深い理解や知識があり、最新の市場動向にも精通しているため最適なキャリアプランを提供してくれます。一般企業の経理だけでなく税・会計事務所などへの転職を視野に入れている方にもおすすめです。

MS-Japanの主な特徴

  1. 求人件数5,000件以上
  2. 経理・財務求人件数1,600件以上
  3. メーカー、コンサルティング業界の求人が豊富
  4. 取引する企業への与信を徹底する堅実なエージェント

公式サイト:https://www.jmsc.co.jp/

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

公認会計士・税理士・経理職の求人に特化した「ジャスネットキャリア」。非公開求人は99%と、そのほとんどが一般には出回らない質の高い求人です。人材紹介以外にも人材派遣や人材教育分野での事業を展開しているため、ジャスネットキャリアにしかない求人情報を多く保有しています。

ジャスネットキャリア主な特徴

  1. 求人件数2,600件以上+非公開求人
  2. 経理・財務求人1,200件以上+非公開求人
  3. メーカー、サービス業界、監査法人・会計・税務事務所の求人が豊富
  4. サービスの専門性が高い

公式サイト:https://career.jusnet.co.jp/

マイナビ会計士

マイナビ会計士

「マイナビ会計士」は大手総合型のマイナビエージェント系列ですが、業界に精通した専任のアドバイザーがいるという特徴があります。求人の傾向として、大手はもちろん、中小企業やベンチャー企業など、経験が少なくてもチャレンジできる案件も多数扱っています。そのため経験の少ない20代~30代にフィットしやすく若手の転職に強いと評判です。

未経験者歓迎求人も豊富で未経験者にも丁寧にアドバイスしてくれるため、スキルや経験に自信がない方でも安心して活動できるでしょう。

マイナビ会計士の主な特徴

  1. 求人件数4万件以上
  2. 経理・財務求人件数500件以上+非公開求人
  3. IT業界の求人が豊富
  4. 若手の転職に積極的

公式サイト:https://cpa.mynavi.jp/

経理の転職に転職エージェントの利用をおすすめするメリット

まずは、経理の転職において転職エージェントの利用が必須である理由をご説明します。

経理経験者の場合|より正確な評価を伝えるため

経理は経験が求められる職種です。したがって経理の経験が豊富な方は転職エージェントを利用せずとも転職できる可能性は十分にあります。しかし「転職できる」のと「満足のいく転職ができる」のは別問題です。経験があるからこそしっかり評価してもらえる企業を探すべきでしょう。

経験に見合った求人を自分で探すとなると時間や手間がかかり非効率です。さらにハローワークや求人誌などに載っている限られた求人の中から探さなくてはなりません。

転職エージェントを利用すると、転職情報に精通したコンサルタントが求職者に代わって求人を探してくれるため効率的です。また、一般には出回らない非公開求人を多数扱っているため、

  1. 「給与が高い」
  2. 「評価制度が整っている」
  3. 「残業が少ない」など

自分にとってよい企業が見つかる可能性が高まります。条件面などの交渉もおこなってくれるため、せっかくあるスキルや経験を買い叩かれることなく、適切に評価したうえで採用にいたりやすくなります。

また、経理経験者の中でもブランクがあり再就職を目指す方の場合、採用担当者が気にするのはブランクによる働く意欲や職務能力の低下です。

  • なぜ職を離れたのか
  • もう一度経理として働きたい理由は何か
  • ブランクをどう埋めようと努力しているのか

などを説明する必要があり、これにはコツがいります。転職エージェントに相談し、採用担当者の不安を払拭できるような応募資料の作成や面接対策をする必要があるのです。

経理未経験者の場合|応募できる求人の最大化が可能

経理経験がない方の場合、そもそも応募できる求人が少ないという現実があります。経理は専門性が高く、多くの企業では中途採用者をゼロから教育する余裕がないこともあり、「即戦力」を求める傾向にあるからです。

不利な状況の中で転職を成功させるには、まずは「より多くの求人の中から探す」ことが大切です。そのためには多数の求人を扱う転職エージェントの利用は不可欠だといえるでしょう。

未経験でも他職種における経験をアピールすることで経理として転職できる可能性があります。そのために必要なのは経験やスキルの棚卸ですが、経理未経験だと何が経理に役立つ経験・スキルなのかが分かりにくいものです。

転職エージェントに相談し、これまでの経験の中から経理に役に立つスキルを棚卸すれば、今ある武器で戦える見込みが立つでしょう。

経理に強い転職エージェントの特徴と選び方|比較すべきポイント

転職エージェントは多数ありますが、経理職の転職では主に次のポイントを意識し、比較しながら選びましょう。

  1. 経理の求人を多く扱っているか
  2. 専門的な知見からのアドバイスを受けられるか
  3. 自分の目的や状況に合った求人を扱っているか

経理求人を多く扱っていること

せっかく転職エージェントを利用しても経理の求人が見つからなければ意味がないため非常に大切なポイントです。

まずは大手の転職エージェントに登録されるのがおすすめですが、経理職特化型の転職エージェントには高年収の非公開求人が多数眠っているので、併用して利用されるのがおすすめです。

自分のキャリアに自信がある人は大手から攻めてみてください。もしそこまでキャリアに自信がなかったり、未経験から挑戦しようと考えていたりする人もご安心ください。

専門的なアドバイスを受けられるかどうか

経理求人や経理の仕事事情に精通しているコンサルタントに相談すると、希望の求人を伝える際の意思疎通がスムーズで、希望にあった求人を紹介してくれやすいといえます。「的外れな求人ばかり紹介される」といったこともないでしょう。採用担当者の心に響く応募書類の作成や面接対策なども任せられます。

さらに、自分の目的や状況にあった求人を扱っているのかも大切です。転職エージェントにはそれぞれ強みがあるため、自分の希望を叶えてくれるのかをチェックしましょう。考え方としては次のようなイメージです。

  1. 仕事と家庭を両立させたい、女性が働きやすい職場を探したい……女性の転職に強いエージェントを選ぶ
  2. 経験が少ないけど経理に転職したい……若手の転職に強いエージェントを選ぶ
  3. 転職が初めてだから不安……丁寧なサポートに定評があるエージェントを選ぶ

経理の転職求人も多いおすすめの大手転職エージェント5選

経理の転職におすすめの転職エージェントを紹介します。「総合型」「専門特化型」「目的・状況別」の3パターンにわけて見ていきましょう。

「総合型」とは、さまざまな業界・職種を扱っている転職エージェントを指します。

大手が中心で求人件数が圧倒的に多いというメリットがあるため、求人の幅を広げたい方は確実に押さえておくべきでしょう。福利厚生が充実した大手企業なども多数利用しているため、質の高い求人に出会いやすいという点でも利用価値が高いといえます。
※ここでご紹介する求人件数等のデータは令和2年1月現在のものです。

doda

doda

「doda」は豊富な求人数とサポートの質に定評がある転職エージェントです。応募書類の添削や面接対策に力に入れていることでも知られています。企業から直接オファーが届くスカウトサービスもあります。

「企業ブロック設定」で特定の企業からのスカウトをブロックしたり個人情報を非公開にしたりできるため安心です。

dodaの主な特徴

  1. 求人件数13万件以上
  2. 経理求人件数4,000件以上+非公開求人
  3. メーカー、IT・通信業界の求人が豊富
  4. 求人とサポートの質が安定しており総合力が高い

公式サイト:https://doda.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界内でも圧倒的な求人数を誇る「リクルートエージェント」。優れた営業力と知名度で多くの優良企業が利用しているため、求人の質が高いのが特徴です。

独自に収集・分析した「エージェントリポート」には、他では得られない生の情報が記載されています。企業選びや選考におおいに役立つでしょう。

リクルートエージェントの主な特徴

  1. 求人件数16万件以上
  2. 経理求人件数3,600件以上+非公開求人
  3. IT・通信業界、医薬業界の求人が豊富
  4. サポート内容が充実している

公式サイト:https://www.r-agent.com/

パソナキャリア

パソナキャリア

業界きっての手厚いサポート体制で知られる「パソナキャリア」は、「オリコン顧客満足度調査 転職エージェント」でも第1位を獲得している転職エージェントです。パソナグループは総合人材サービス業の先駆者なので、業界・企業の情報に精通しているという強みがあります。自分にあったアドバイザーを選びたい方には、管理部門向けに転職アドバイザー逆指名サービスもあります(首都圏限定、ハイクラス転職対象)。

パソナキャリアの主な特徴

  1. 求人件数5万件以上
  2. 経理求人件数2,500件以上+非公開求人
  3. ソフトウェア・通信、インターネット業界の求人が豊富
  4. コンサルタントが親切で丁寧

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は外資系企業、海外進出企業に強い転職エージェントです。基本的にハイスペック(高学歴、語学力あり、マネジメント経験ありなど)な人材向けの求人が中心なので誰にでもマッチするわけではありませんが、グローバルな働き方をしたい方には向いています。英文レジュメ作成のアドバイスなどJACリクルートメントならではのサービスが受けられます。

JACリクルートメントの主な特徴

  1. 求人件数1万5,000件以上
  2. 経理求人150件以上
  3. 機械・自動車、IT、コンサルティング業界の求人が豊富
  4. 外資系の高収入案件に強い

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

type女性の転職エージェント

「type女性の転職エージェント」は女性のキャリア支援に特化したエージェントです。「女の転職type」という転職サイトを運営しているノウハウを生かし、女性が活躍する企業の求人を多数保有しています。キャリアアドバイザーも女性が中心なので、女性独自のキャリア観を理解し、女性ならではの悩みにも相談に乗ってもらえるのは大きなメリットでしょう。

type女性の転職エージェントの主な特徴

  1. 求人件数1万9,000件以上
  2. 経理・財務・会計の求人件数250件以上+非公開求人
  3. 小売、IT業界などの求人が豊富
  4. 首都圏の女性転職に特化

公式サイト:https://type.woman-agent.jp/

経理・会計士が転職エージェントを使いこなすポイント

納得のできる転職を成功させるために、転職エージェントを使う際のポイントを押さえておきましょう。

転職エージェントを使う目的を整理する

転職エージェントの利用は基本的に無料ですが、やみくもに利用するのでは時間や労力が無駄になってしまいます。そのため転職エージェントを利用する目的を整理することが大切です。

  1. 転職するかどうかを迷っているためアドバイスがほしい
  2. 転職の方向性は決まっているが面接に自信がないため対策してほしい

このような目的を整理しておくと、転職エージェントとのやり取りや面談で有意義な時間を過ごせるはずです。

早めに転職したい場合のコツ

今すぐにでも転職したい方は「よい求人があればすぐにでも応募したい」と伝えておきましょう。エージェントが担当する求職者はひとりではないため、どうしても転職意欲の高い人、早めに転職したい人を優先的に紹介することになります。

今の職場での引継ぎ等を考慮すると転職時期が決められない方も多いでしょうが、応募しない限りは転職の可能性はないため積極的な姿勢を見せることが大切です。

定期的に連絡をとる

担当者によってはこまめに連絡をくれる人もいますが、基本的にはこちらから定期的に連絡するスタンスでいましょう。目安は2週間に1度です。

また、紹介された案件に応募しない場合、どこが希望と違ったのかを伝えるようにしましょう。お互いに認識のズレがあるままだと、いつになっても希望の案件を紹介してもらえずなかなか応募にいたりません。

もちろんご自身の経験やスキルによって完全に希望通りの案件を紹介してもらうのは難しい場合があります。しかし単なるコミュニケーション不足によって生じる認識のズレがなくなれば、より希望に近い案件を紹介してもらいやすくなるはずです。

少なくとも2社以上を併用する

転職エージェントによって保有案件が異なるため、原則として2社以上に登録することが大切です。複数のエージェントを利用して求人を網羅することで、自分に合った求人を見つけやすくなるでしょう。

担当者との相性を確かめるという点でも、複数を利用することで自分好みのエージェントに出会いやすくなるといえます。

エージェントの併用についての注意事項

同じ案件に対して別々のエージェントから応募するのは避けましょう。異なるエージェント経由で応募があれば企業の担当者は混乱しますし、コンサルタントも求職者に対して不信感を抱きかねません。いずれもあまりよい結果にならないと予想されるため、ひとつの案件につき誰に任せるかは決めるべきです。

迷ったら総合型と専門特化型の併用がおすすめ

どのエージェントがよいのか迷ってしまうときは、大手総合型から1社と、専門特化型から1社を選ぶのがおすすめです。多数の求人を網羅しつつ、専門性の高い情報を得られるため堅実な方法だといえます。さらに目的や状況に応じてピンポイントで1社を追加し、3社を利用するのもよいでしょう。

あまり多く登録してもエージェントとのやり取りだけで大変になってしまうため、2~3社が目安となります。

コンサルタントとの相性を見極める

コンサルタントにもいろいろなタイプの人がいますので、必ずしも自分と相性がよいとは限りません。「自分の希望を理解してもらえない」「やり取りがスムーズではない」などと思ったら担当を変えてもらうことも必要です。担当変更が難しい場合や、そもそも希望の求人を扱っていないと思ったら転職エージェント自体の変更も検討しましょう。

便利なツールを活用する

「通勤中などのすき間時間を活用したい」「さらに効率を上げてスピーディーな活動をしたい」といった場合には便利なツールが役立ちます。

  1. 職務経歴書作成ツール
  2. スマートフォンで求人情報を受けられるアプリ
  3. 適性診断ツール

こうしたツールを展開している転職エージェントがありますので、上手に利用して活動に役立てましょう。

まとめ

経理職の転職を成功させるには、転職エージェントの利用が必要不可欠です。求人紹介はもちろん、スケジュール調整や面接対策、内定後まで幅広くサポートしてくれます。今回紹介したエージェントごとの特徴や活用のポイントを参考に、ご自身の希望を叶えてくれる転職エージェントを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

LEGALMAGAZINE
LEGALMAGAZINE