弁護士の転職

【2021年最新版】弁護士の平均年収は765万円という現実|正確な年収中央値と年収を上げる方法

弁護士の平均年収総額は「1,200万円」前後が相場と言われており、月給換算にすると「75万円」前後とされますが、厚生労働省の『平成30年賃金構造基本統計調査』の調べによると、弁護士の年収は約765万円だと推察されます。

職種全区分 年齢 勤続年数 現金給与額【千円】 年間賞与等【千円】 年収換算
弁護士 36 7.3 538.6 1194.1 7657.3

弁護士の働き方は少々特殊で、法律事務所に勤務していても実質的には個人事業主であること多いため、取り扱う事件の金額によって、1案件事の『成功報酬金』も違ってきます。

もし個人の弁護士で「案件を大量に受注した場合は年収にダイレクトに反映されます」ので、年収が1,000万円を超える可能性は十分にあるでしょう。

続きを読む

弁護士の転職に強いおすすめ転職エージェント15社を徹底比較|賢い選び方と転職成功のコツ

弁護士の転職に有効的な転職サイトは数多くあります。法律系専門職の求人サイトでは、士業やそれ以外の転職先も掲載されています。

日本全国どこに住んでいても好みの転職先が見つかります。

転職のノウハウなども掲載されているので、これから弁護士を辞めて新たな職業へ転職する予定がある方にも活用しやすいサイトの1つです。

一方、転職エージェントとは、転職をしたい弁護士の仲介役を担い、最適な転職先をサポートしてくれるサイトです。

自分に合った転職先は、自分ではわからないことがあります。ですので転職エージェントによって、客観的な目線で最適な転職先を教えてくれるサイトです。

今は弁護士だけれども今後辞める予定があり、どのような転職先が自分にマッチするのか不明な人は相談してみるとよいでしょう。

続きを読む

リーガルテックの概要とは|注目の背景や主なサービス・リーガルテック業界への転職事情も解説

「リーガルテック(LegalTech)」は「法律(リーガル・Legal)」と「技術(テクノロジー・Technology)」を組み合わせた造語です。最新のIT技術で法律業務を効率化するサービスの総称で、近年さまざまなリーガルテック企業が設立されています。

実際にどんなサービスを提供するリーガルテック企業があるのでしょうか。リーガルテック企業ではどんな人が求められて、どうすれば転職できるかを紹介します。

続きを読む

【弁護士版】法律事務所の面接成功ガイド!質疑応答で気をつけるべきことや転職事情についても詳しく解説

弁護士_転職_面接

弁護士の就職先は法律事務所が一般的でしたが、最近では司法修習生が即企業内弁護士になることも増えているようです。

いずれにしても採用試験では面接があるので、就職するためにはその面接を突破する必要があります。

弁護士が採用試験の面接で気をつけるべきことや面接官が特にチェックすることは何でしょうか。面接で聞かれやすいことや事前に準備しておいた方が良いことなどを紹介します。

続きを読む

【令和最新版】企業内弁護士の年収水準はどれくらい?年収2000万円を超える弁護士とは

弁護士資格を持つ人が企業の一社員として入社して、企業法務を担当する「企業内弁護士」という働き方が注目されています。企業内弁護士の人数は年々増加しており、2001年には全国で66人しかいませんでしたが、2019年には2,418人になりました。

特に若い人は法律事務所での勤務経験なく、修習後直接企業内弁護士になる人も多いようです。企業内弁護士の年収水準はどれくらいなのでしょうか。また、企業内弁護士で2,000万円以上の年収を手にするためにはどうすれば良いのでしょうか。さまざまなデータ集めましたので、それを元に説明していきます。

参考: 日本組織内弁護士協会|企業内弁護士数の推移(2001年~2019年)

 

弁護士特化の転職エージェント・サイト登録必須のおすすめトップ3
👑
NO-LIMIT公式サイトを見る
満足度
★★★★★ 4.8
弁護士・法務人材に特化した転職サイト!アドバイザーは全員弁護士業界出身で構成され、業界ならではの勘所を抑えた転職サポートが魅力。業界の詳しさはダントツ。
弁護士ドットコムキャリア公式サイトを見る 満足度
★★★★☆ 4.2
「弁護士ドットコムキャリア」という日本最大の法律事務所ネットワークサービスが強み。入社日までのサポート体制は残し、初めての転職活動に安心。
リーガルジョブボード公式サイトを見る 満足度
★★★☆☆ 3.5
弁護士・司法書士・弁理士などの専門職を中心とした法律系専門職の転職サイト。ダイレクトリクルーティング方式を採用し、スカウト機能も備えている。

続きを読む

弁護士に特化した求人サイトおすすめ7選|賢い選び方と使い倒すコツ

弁護士_求人サイト

弁護士が転職を考えたとき、求人をどのように探すべきか疑問に感じるのではないでしょうか。弁護士業界は閉鎖的といわれますので、転職前に詳しい情報を入手しにくく、不安を抱えたまま転職活動を始める方もいるかもしれません。

そんなときに役立つのが求人サイトです。

この記事では弁護士に特化した求人サイトを紹介するとともに、求人サイトとほかの転職方法との違い、使いわける方法などについて解説します。

続きを読む

弁護士から転職したい!主な転職理由と弁護士におすすめの転職先・転職成功のコツ

弁護士から転職

医師・公認会計士と並ぶ3大難関資格と言われる弁護士。平均年収も高く、世間的ステータスもありますが、入所した法律事務所が想像していたものと異なる場合もあるようです。

弁護士が転職をしたくなる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、最近では法律事務所以外で働くという選択肢もあります。今回は、弁護士から転職したい理由や弁護士におすすめの転職先、転職を成功させる方法を紹介します。

続きを読む

インハウスローヤー(企業内弁護士)とは|法律事務所との業務・働き方の違いと年収差も解説

弁護士の働き方が多様化して、弁護士事務所で働くだけが全てではなくなっています。最近では働き方やワークライフバランス、キャリアアップを目指してインハウスローヤー(組織内弁護士)という道を選ぶ弁護士も増えているようです。

日本弁護士連合会が発表した『企業内弁護士を多く抱える企業上位20社(2001年~2019年)』によると、2019年に企業内弁護士を雇う企業数は1,139社、採用人数は2,418人となっていました。

2019年(6月)
順位 企業名 人数
1 ヤフー 34
2 野村證券 25
3 三井住友銀行 24
3 三菱商事 24
5 LINE 23
6 KDDI 19
6 丸紅 19
6 三井物産 19
9 アマゾンジャパン 18
9 パナソニック 18
9 三菱UFJ銀行 18
12 三菱UFJ信託銀行 17
13 三井住友信託銀行 16
14 双日 15
15 NTTドコモ 14
15 住友電気工業 14
15 第一生命保険 14
15 豊田通商 14
15 みずほ証券 14
20 アクセンチュアほか2社 13

1位はヤフーの34人で2位の野村證券以降の水準と比べるとずば抜けて多いです。ランクインしている企業は金融系・商社・情報通信などの大手企業が名を連ねています。
参照:日本弁護士連合会|企業内弁護士を多く抱える企業上位20社(2001年~2019年)

また、日本弁護士連合会の企業組織内弁護士数の現状推移によると、全国の企業内弁護士数は、2018年6月30日現在で2,161人、任期付公務員数は2018年6月1日 現在で207人となっています。なお、任期付公務員数は、2018年6月1日時点で弁護士登録をしている者に ついて計上しています。

企業内弁護士の数は2008年には266人しかいなかったのに対して、2018年には2,161人と約8倍に増えました。また、中央省庁等や地方公共団体において、任期付きで採用された職員任期付公務員についても2008年の61人から2018年は207人と約3倍に増えています。

このようにインハウスローヤーはこの数年間で急増していることが分かりました。現在はすべての上場企業がインハウスローヤーを雇っているわけではなく、今後日本の上場企業がそれぞれ1名採用しただけで約3,500人となります。将来的には、インハウスローヤーの総数が 5,000人を超えることもありえるかもしれません。
参照:日本弁護士連合会|企業組織内弁護士数の現状推移

 

今回の記事では、そんなインハウスローヤーとはどのような役割を担うのか、インハウスローヤーに転職する際の知識などを紹介します。

続きを読む

弁護士がインハウスローヤーに転職するには|企業内弁護士の転職事情と転職成功のコツ

弁護士_転職_インハウス

弁護士がインハウスローヤーに転職するためにはどうすれば良いの?

企業などで一社員として働くインハウスローヤー(組織内弁護士)の数が年々増えているようですが、一度法律事務所を経験した後にインハウスローヤーを目指す方もいらっしゃると思います。

なぜ弁護士事務所勤務よりもインハウスローヤーを選ぶのでしょうか。

弁護士がインハウスローヤーへ転職する理由や、報酬はどうなるかなどを紹介します。

続きを読む